シティポップ 海外 人気曲

この曲はサマーウォーズで知ったけど、80、90年代の良いj-popだよ。 彼のアルバムを聞いてみて。 ・ 海外の名無しさん タイラー・ザ・クリエイターと山下達郎が同じ曲に!? ・ 海外の名無しさん タイラーが山下達郎をサンプリングしたなんて信じられない。 昨今のシティ・ポップ・ブームで人気が急上昇したシンボル的楽曲。バック・バンドの美乃屋セントラル・ステイションを解散させてソロ活動に戻った81年作『tea for tears』のアルバム収録曲で、シングル・カットはされていない。 !。 2020年8月時点でチャンネル登録者数は2万人であったにもかか... MAMAMOOの魅力は迫力のある歌とダンス! MAMAMOO(ママム)のメンバーは、ソラ、ムンビョル、フィイン、ファサの4人組ガールズグループです。圧倒... BMS(BEATER Monthly Selection) Vol.2~MV風味絶佳~. ここ数年世界からも注目を集めている 80年代 ジャパニーズ・シティポップ 。そんな日本のシティポップから、洋楽のaorやインディポップと混ぜても違和感ない、洋楽中心のbgmにも溶け込みつつ「シティポップ感」を程よく主張してくれるおススメの曲、70年代も少し入って8曲をご紹介します。 竹内まりやさんの『Plastic Love』がYouTubeで爆発的に再生され、海外を中心に盛り上がりを見せているシティポップ。もともとは1970年代後半~1980年代の都会的な雰囲気を押し出した楽曲のことを指していましたが、時が経つに連れてその定義や解釈もじょじょに広がっていきました。 CHAI、海外でのシティポップブーム火付け役となった「Plastic Love」カバーを本日リリース! The Orchard Japan CHAIの世界での躍進が止まらない! 今欧米で大人気!ジャパニーズ・シティ・ポップのおすすめの名盤はどれ?おすすめランキング! 大貫妙子、吉田美奈子、山下達郎など、今欧米で70~80年代の日本のシティ・ポップが人気を集めています。あなたが好きなシティ・ポップの名盤cdを教えてください。 後で読む. シティポップといえば世界中でカバーされリアクト動画もだくさんある竹内まりやさんの「Plastic Love」。 K-POPのジャパニーズシティ・ポップブームの草分け(?)元Wonder Girls(ワンガ、ワンダーガールズ)のユビン(Yubin)の曲が「Plastic Love」にあまりにも似すぎていると指摘され炎上し… スクエニ往年の名作『サガ フロンティア』がリマスター化。2021年夏に5プラットフォームで発売決定 『サガ フロンティア リマスター』が、2021年夏に... 『すばせか』シリーズの最新作『新すばらしきこのせかい』が2021年夏、PS4/Switchで発売決定 スクウェア・エニックス発の人気アクションRPGシリ... ポップ・ロックシーンの新鋭『リュックと添い寝ごはん』とは何者なのか いま注目の若手バンドがいます。彼らの名は『リュックと添い寝ごはん』。ユニークな名前が... 「アイドルヲタ界最狂!ハロヲタはこんなにも滑稽で美しい!」『僕らの輝き ハロヲタ人生賛歌』が書籍化 2016年9月よりミーティアにて連載された劔樹人のW... モモコグミカンパニー2作目のエッセイ集『きみが夢にでてきたよ』が12月4日発売 BiSH・モモコグミカンパニーの新作エッセイ集『きみが夢にでてきたよ』が... 福岡発バンド・yonawoがスペシャル・ライブで見せた、yonawoイズムニックなサウンド. 海外の反応を観てみると、シティ・ポップがブームになっているのは音楽的に言うとどこか懐かしく、聴いたことがあるというノスタルジーな印象(シティ・ポップの多くは冒頭に述べたように欧米の70年代のソウル、r&bに影響受けてますからね)があるからだと思います。 今日の投稿は、Web記事やSNSなどで前からちょっと気になっていた「シティポップ」の話題。, 音楽関係のインターネットメディアで、「日本のシティポップが海外で話題」という記事を読んだ人も多いんじゃないかと思います。, 個人的には「〇〇がいまアツい」みたいな記事を読むと「ホントに流行ってんの?」と疑ってしまう性格なので、シティポップ人気についてもいつか確認しようしよう思っていて、今回調べてみました。, シティポップというと、山下達郎らに代表される70~80年代に発表された日本のポップスのこと。, 今年2019年7月に、シティ・ポップのディスク・ガイド『シティ・ポップ 1973-2019』という本が、ミュージック・マガジンよりリリースされました。, 日本のweb記事などでシティポップについての話題が多くなったのは、ちょうどこの本のリリース前後なのだろうと思います。, この当時、いろんなメディアのいろんな記事があふれていましたが、シティポップの海外人気については、このローリングストーン誌の記事にだいたいまとめて書かれています。, ・シティポップが海外で人気沸騰している・シティポップはVaporwave/FutureFunkの元ネタとして再注目されている・竹内まりやの「Plastic Love」は今のシティポップのアンセムになっている, ということみたいですね。 ほとんどのweb記事の内容は基本的にこのローリングストーン誌と同じことしか書いていないと思います。, 「どれくらいの数の」海外リスナーがシティポップに夢中なのか?「世界中のリスナーが虜になっている」というのは本当なのか?, ローリングストーン誌の記事にも「シティポップが”世界中のリスナーを虜”にしている」ことのソース情報は書いていないんですよね。, 唯一、「シティポップが海外でブーム」という根拠として、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」の動画が2000万回以上再生されて拡散した、という出来事があげられています。, このローリングストーン誌の記事では、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」についてこう書いています。, 昨年、極めて優秀なYouTubeのリコメンデーション・アルゴリズムによって、竹内まりやの1984年作「プラスティック・ラブ」は何百万という再生回数を記録した。こういった現象について、Redditのユーザーquippedはこうコメントした。「シティ・ポップ、またの名をyoutuberecommendationcore」, 要は「プラスチック・ラブ」に代表されるシティポップは、YouTubeという新たな拡散ツールによってメインストリームとなったと言いたいのだろうと思います。, こうやって書くと確かに竹内まりやの曲が全世界で認知されたように思ってしまうのですけど、実際のところは少し違うようです。 「Takeuchi Mariya Plastic Love」のGoogleトレンドを調べると、検索されている国は、韓国、フィリピン、香港、シンガポール、インドネシアだそうです。, この文春の記事に詳しく書かれているのですが、実際のところシティポップがブームになっているはほとんど韓国のようです。, もともと韓国では”シブヤ系”に代表される日本のイージーリスニング音楽のニーズがあったそうで、そういう日本の音楽を好む層の興味が、いまは「シティポップ」にスライドしているとの指摘です。, 「プラスティック・ラブ」が驚異的にバズったのも、韓国のあるソロアーティストの曲が「プラスティック・ラブ」に似ているために発禁になった、といった話題があってのことだそうで、曲の魅力以外にバズる要因があってのことではあるようです。, 2000万回という再生数はもちろん韓国以外も含まれているのですが、おもに韓国から火がつき閲覧数が増えることでフィリピン、香港、シンガポールなどにも飛び火した、という事情はありそうです。, こういった数字を見ると「プラスティック・ラブ」が「世界的」なブームとなった訳ではなさそうです。そうなると、そもそもシティポップの「世界的」ブームという話にも疑問符がつきそうです。 (だってプラスチック・ラブ以外に具体的なブームの例はどこにも出てきませんし), もしシティポップの人気について、なにか確実に言えることがあるとすれば・韓国ではシティポップは前から人気・竹内まりやの「プラスティック・ラブ」は韓国発でバズった ということくらいです。, Night Tempoさんという韓国人DJがシティポップを元ネタにしたFuture Funkをプレイするのも、こういった韓国の音楽事情を考えると自然なことじゃないでしょうか。, つまり「シティポップは世界中のリスナーを虜にしている」というのは、もうタイトル詐欺じゃないかな?とは思うんですよね。, 「恐らくヨーロッパやアメリカには、“数千人”の(シティポップ)ファンがいるんじゃないかな」 つまり、少なくとも欧米に限定するとシティポップファンの数はかなり少ないと考えた方が良い。, 「プラスティック・ラブ」みたいな特殊な例を引き合いに「シティポップ世界中で人気」と記事で書き、続けてタイラー・ザ・クリエイターが山下達郎をサンプリングしたみたいなエピソードにつなげたりすると、読んだ人は「欧米の人たちにシティポップが人気」と勘違いしちゃいますよね。, こういうのは簡単にいうとシティポップを流行らせたい人が結論ありきで作ったミスリードなのだと思います。, こういう作られたブームにすごく違和感を感じるのは、記事を書いている人に「欧米に認められるモノが価値が高い」という前時代的な考えがあるからじゃないかと思いますね。, 日本のシティポップがめぐりめぐって韓国、フィリピン、香港、シンガポールなど東南アジアで聴かれ続けることはステキなことだと思いますし、Future Funkといった形でリミックスされるのも(個人的には好みの音楽ではないですけど)斬新だと思います。, 『シティ・ポップ 1973-2019』が話題になったり、ここで取り上げられている旧作の売り上げがアップしたりしたのかもしれませんけど、やっぱり「シティポップが世界中で(欧米で)人気」みたいなあおり文句はやめた方が良いんじゃないかな、と思うんです。, twitterアカウント サナ (サイト管理者 更新は停止中)Follow @dj_sunny1995. AORとミニシアター系の邦画が大好物。 【2020年最新】邦楽シティ・ポップのおすすめ曲20選!夜のムード感じるエモい楽曲をセレクト 70年代後半から80年代のリバイバルが注目を集めてきている近年の邦楽ミュージックシーン。 日本のシティ・ポップは、なぜ世界中のリスナーを虜にしているのか? | Rolling S... 70~80年代に発表された日本のポップスが、海外で大きな注目を集めるようになって久しい。かつて国内を席巻した、煌びやかで非現実的な音楽は、丹念に作り込まれたストリーミング世代のポップスとも共鳴している。この現象を米ローリングストーン誌はどの, 韓国で20代のミュージシャンたちに最近どんな音楽を聴いているのか尋ねると、「日本の《シティポップ》」という答えが返って来た。とあるK-POPグループのメンバーは、「竹内まりやの『プラスティック・ラブ』…. シティポップ(日本の80年代ポップス)が海外でリバイバルしている。 勿論チャート上位にランクインする訳ではないが、youtubeでの再生数などを見る限り、 40年もの時を経て 新リスナーを相当数、しかも海外で獲得しているとは驚きである。 海外で注目を集める日本のシティポップ特集」。 ちょうど一年前、去年の5月にこのコーナーでアメリカの再発レーベル「Light in the Attic」が編集した日本のシティポップのコンピレーション『Pacific Breeze: Japanese City Pop, AOR & Boogie』を紹介しましたが、先週5月29日にその第2弾が発売になりました。 【特集】シティポップの海外人気を検証. 【シティポップの海外人気を検証!】海外のキーマンたちが語ったシティポップブー... 近年、海外で「日本人アーティストの過去作品」が注目されている。その多くは70~80年代に発表されたポップス作品で、たとえば、竹内まりやの楽曲「プラスティック・ラブ」はYoutubeで2000万回以上の再生回数を叩き出し、細野晴臣、矢野顕子、佐藤博などの旧タイトル... Amazon Music HDのULTRA HD音質をお試しキャンペーンで体験してみたリアルな感想, Black Lives Matter デモで再び注目される 元NFLコリン・キャパニック, もしいま、この投稿を読んでいるなかでApple Music/Spotify/Amazon Musicなどの定額音楽ストリーミングサービスに加入している人がいれば、すぐに退会したほうが良いかもしれません。, Mary Halvorson's Code Girl 『Artlessly Falling』, Pyroclastic Records / クリス・デイビスが設立したジャズレーベル, Pasquale Grasso "The Best Guitar Player I’ve Heard". 1980年代の日本の音楽、City pop(シティポップ)が海外の音楽ファンの間で流行していることをご存知ですか 竹内まりや(Mariya Takeuchi)や山下達郎(Tatsuro Yamashita)の曲がYouTube上で半年間に800万再生されるほどの人気ぶりで、コメント欄の8割が海外からのコメントなのです … 欧米やアジアにも多くのファンが存在し、YouTubeでも人気の山下達郎や竹内まりやの楽曲はもとより、アンテナの高い海外コレクターたちは、日本人でも「なぜ知ってる?. 世界でシティ・ポップが熱い!こんにちは!やきそばです!今回は「世界でブーム!シティ・ポップの曲【邦楽】」を紹介していきます!そして、なぜいま1970年代、1980年代の日本の音楽が世界の人たちから評価されるようになったのか、その経緯も調べて 海外でのシティーポップ人気の中心的存在になっている35年前の曲「プラスチック・ラブ」の公式ミュージックビデオが新たに公開されて、海外からアクセスが殺到する騒ぎになっています。 」と驚くような楽曲にまでたどり着いている。. 日本のシティポップが海外で人気沸騰 今日の投稿は、Web記事やSNSなどで前からちょっと気になっていた「シティポップ」の話題。 音楽関係のインターネットメディアで、「日本のシティポップが海外で話題」という記事を読んだ人も多いんじゃないかと思います。 グリーンカレーの海で溺れたい。. 「シティポップ」の愛称で、日本をはじめ海外でも人気を集める70〜80年代の邦楽曲。. まずはここからですよね。シティ・ポップは日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつです。 主に1970年代後期から1980年代に流行した、都会的(シティ)なイメージを全面に出したポップスを指します。 海外で流行していたAORミュージックの日本版って感じでしょうかね。 スタジオミュージシャンを起用して、キレのあるカッティングやメジャーセブンスコードを使ったお洒落なコード進行、楽曲に寄り添うようなフレーズワークが印象的な音楽ジャンルだと思います。 シティポップという音楽ジャンルを知っているでしょうか? 70~80年代に流行したこのジャンル。2010年代になってブームが再興しつつあります。 この記事では、まさにいまトレンドとなっているシティポップから、注目の人気曲・おすすめ曲を10曲セレクトしました。これさえ聴いておけば2020年以降のシティポップシーンはバッチリ!?, シティポップとは、70~80年代に流行したポップスの一形態。歌詞や曲、アレンジに「都会的」なニュアンスを含んでいる特徴から、「シティポップ」と呼ばれるようになりました。ナイアガラサウンドなどに代表されるように、当時は「ポピュラーミュージックにソウルなどのフレーバーを加えたもの」という解釈が大勢でしたが、2010年代以降に再興しているシティポップでは、ジャズやロック、R&B、ヒップホップ、ラテン、クラブミュージックなど、さまざまなジャンルのエッセンスを、より多く柔軟に取り込んでいます。, この記事では、特に2010年代以降のものを「シティポップ」と定義し、注目のアーティスト、人気曲・おすすめ曲を紹介します。, CRCK/LCKS(クラックラックス)は、小西遼(sax, key, vocoder,etc)、小田朋美(vocal,keyboards)、井上銘(guitar)、越智俊介(bass)、石若駿(drums)からなる2015年4月結成の5人組バンド。これまでに3枚のミニアルバムを発表しています。 紹介した楽曲「Get Lighter」は、2017年発売の2nd EP「LIGHTER」のリードトラックで、サビで繰り返す「なにもなかったんだっけ?」というフレーズが印象的な一曲。過去に日本で流行したシティポップとは少しアプローチの違う、ジャズとロックのエッセンスが詰まった新しい時代のシティポップナンバーです。, CRCK/LCKS公式ウェブサイト CRCK/LCKS公式Twitter CRCK/LCKS公式Instagram, Ghost like girlfriendは、岡林健勝によるプロジェクト。バンド名のように見えますが、ソロで活動するミュージシャンです。 この楽曲はもともと2017年にシングルとしてリリースされた曲ですが、2019年6月リリースの彼の1stフルアルバムにも収録されています。クラブミュージック的な4つ打ちのリズムが耳と身体に心地いいナンバーで、先に紹介した楽曲とおなじく、新しい時代のシティポップを象徴する1曲になっています。, Ghost like girlfriend公式ウェブサイト Ghost like girlfriend公式Twitter Ghost like girlfriend公式Instagram, kiki vivi lily(キキ ヴィヴィ リリー)は、福岡県出身、2016年デビューの女性ソロミュージシャン。歌唱から作詞・作曲までを自身で完結するシンガーソングライターで、他のミュージシャンやTV CM、WEB CMなどに楽曲提供もおこなっています。2019年6月には、キャリア初のフルアルバム「vivid」をリリースしました。 紹介した楽曲「Blue in Green」は、シンガーやトラックメイカーとして活動するSUKISHAを作詞・作曲へと迎えたナンバー。Lo-fi Hip Hopを感じるトラックに、透明できらびやかなkiki vivi lilyの声が映えるアーバンシティポップです。, kiki vivi lily公式ウェブサイト kiki vivi lily公式Twitter kiki vivi lily公式Instagram, ユウキチヒロ。フリーライター・インタビュアー。 2019年8月に岡田を追う佐野によって開設されたYouTubeチャンネル岡田を追え! 東南アジア一の大都会であるタイ・バンコクにも80’sシティポップの影響が色濃いバンドがいる。シンセポップトリオ・POLYCAT(ポリキャット)はライブで山下達郎「Someday」を披露するなど、 筋金入りのシティポップ・チルドレン だ。 彼らが属するSmall Roomというレーベルから出た … “2018年は何が変わるか?!” ラジオ局らしく、“音楽の大きなうねり”を紹介したいと思います。 まずはひとこと、「レコードの時代が確実に来る!」ということです。 というより、もう来ているのです。大 … シティ・ポップ (City pop) は、日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 正式な音楽用語ではないが、主に1970年代後半から1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップス … 海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップブームの立役者の一人である韓国人プロデューサー/DJのNight Tempoが、『昭和グルーヴ』シリーズ第6弾を8月21日に発売することが決定した … 70年代から80年代に流行した音楽ジャンルのシティポップ。2010年代になって、このジャンルが再興しつつあります。この記事では、2020年代に向けて押さえておきたいシティポップの人気曲・おすすめ曲を10曲セレクト。これさえ読めば、トレンドはバッチリ! 関心事はサブカルチャー(音楽・映画など)。

Ymca Air Ticketing Course Fees, Dimarzio Utopia Strap, Tostones De Plátanos Verdes, University Campus Improvement Ideas, What Font Am I Quiz, Effen Blood Orange Cosmo, Skincare Cosmetics Retinol Super Eye Lift, Umass Ob/gyn Residency, Canon T8 Release Date,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *